自動車税をおトクに取り戻すには…?
自動車税は、地方税の一種で、車検を受けるか受けないかに関わらず、自動車の所有者に納税義務が課せられます。

自動車税の基礎知識おさらい

自動車税は、毎年4月1日時点での自動車所有者が課税対象者となり、5月上旬に自動車税事務局から請求が届きます。
自動車税は1年分まとめて支払うため、税金を納めた方が、対象となる自動車を年度の途中で廃車にした場合、残存期間に応じて税金が戻ってくるのです。
なお、「永久抹消登録」だけでなく「一時抹消登録」手続き時点で還付の対象となります。
法律上、自動車税は4月1日時点での自動車所有者が負担することになっているため、還付もこの時点の所有者に対して行われます。
つまり、中古車を買った人が、その自動車を買った月以降の自動車税相当額を支払っている場合でも、その人は還付の対象となりません。 そうしたケースでは、自動車税の「還付請求権」を譲渡してもらう手順が必要です。

自動車税還付のための手続き

運輸支局で「永久抹消登録」はもちろん「一時抹消登録」等の廃車の手続きをすると、自動的に自動車税の過払い分が還付されるため、 特に自動車税還付のために先に書類を用意するということはありません。
運輸支局で廃車手続きをすると、約2ヵ月ほどで還付の通知が届きます。 その通知書を指定の金融機関に持って行き、還付手続きをすると還付金を受け取ることができます。

自動車税還付に関するポイント

  • 中古車を購入した場合等でその年の4月1日時点での車の所有者が異なる場合は、 還付請求権の譲渡手続きをしていないと、4月1日時点での所有者に還付されるため、ご注意ください。
  • 還付される自動車税は、永久抹消登録または一時抹消登録手続きの翌月からその年度末までの月単位の計算になります。 そこで、年度末にあたる3月に廃車手続きを行った場合、還付金はありませんのでご注意ください。
  • 自動車税は月単位での計算になるため、廃車をお考えの場合、月をまたがずに手続きをすることで、自動車税還付金をおトクに受け取ることができます。
  • 運輸支局での手続きが間に合わず、永久抹消登録または一時抹消登録が4月にずれ込んだ場合、後日1ヶ月分の自動車税の請求が届きます。

 

 

廃車にすれば、還付金が受け取れますが、4月に入ってしまうと支払わないといけない自動車税。そのため、3月末までに廃車しようとする方が多くいます。
毎年1月から3月は廃車買取業者さんの繁忙期になりますので、手続きが間に合わなくなりそう!なんてことがないように、早めに依頼することがおすすめです。

「廃車買取の達人」なら、まとめて複数の廃車業者に査定依頼が可能!簡単に買取金額が比較できますよ。