「廃車」の定義

「廃車」とは、自動車を使用しなくなるにあたって、自動車の使用開始時に登録した車籍を抹消し、自動車そのものを廃棄することをさします。具体的には、自動車の所有者が「抹消登録」手続きを行い、ナンバープレートを取り外さなくてはなりません。

抹消登録には下記の3種類があります。

  • 永久抹消登録
  • 一時抹消登録
  • 輸出抹消登録

一般的に「廃車」といった場合は、「永久抹消登録」を指すことが多いでしょう。
永久抹消登録を行うには、災害等で自動車が使えない状態になってしまった以外は、自動車の解体が完了している必要があります。

月末や年度末が迫っていて、1日でも早く抹消登録を完了したい場合は、解体前に「一時抹消登録」を行いますが、この場合も、後日あらためて「永久抹消登録」を行う必要があります。

廃車手続きの流れ

廃車にあたっては、「自分で廃車の手配をする場合」と「廃車業者に任せる場合」の大きく分けて2つの方法があります。それぞれの場合の廃車までの流れを見てみましょう。

自分で廃車手続きする場合

  1. 書類を用意する
  2. 手数料を用意する
  3. 解体業者を探す
  4. 解体費用を用意する
  5. 解体業者に自動車を持ち込む
  6. 取り外したナンバープレートを持ち帰る
  7. 解体報告書を受け取る
  8. 運輸支局(旧陸運局)で手続きを行う※
    • ナンバープレートの返納
    • 抹消登録申請書の購入
    • 抹消登録申請書の記入
    • 必要書類の提出
    • 手数料納付書にサイン
  9. 保険の解約手続きを行う
  10. 税金の還付手続きを行う

※運輸支局は土・日曜日は営業していませんので、平日にお仕事をされている方は、お休みをとって申請しに行く必要があります。運輸支局で行う手続きを行政書士に依頼することもできます。この場合は行政書士に支払う費用が別途必要です。

廃車業者に任せる場合

事故等で通常の中古車査定では値段がつかなかった自動車でも、廃車業者に任せれば、ほとんどの場合値段がつきます! 自分で廃車手続きをするよりもおすすめです。

  1. 無料一括査定依頼をする
  2. 査定額を比較して廃車業者を決定
  3. 業者から指定のあった書類を用意する※
  4. 引取りにきた業者に自動車を渡す
  5. 料金を受け取る
  6. 保険の解約手続きを行う

※運輸支局で行う手続きを行政書士に依頼する場合は、事前に行政書士を探しておく必要があります。また、この場合は行政書士に支払う費用が別途必要です。

廃車にかかる費用

自動車リサイクル料金

現在ご利用中の自動車に対しては、既に「自動車リサイクル料金」が支払われています。「自動車リサイクル券(預託証明書)」は手許にありますか? 廃車を行うには、自動車リサイクル券が必要です。 万が一紛失してしまった場合は、「自動車リサイクルシステム」のWebサイトから「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷しましょう。

フロンガスリサイクル料金

まれに「フロン券」の制度が十分に機能しておらず、エアコンのフロンガスのリサイクル料金が未払いの場合があります。事前に「自動車リサイクルシステム」のWebサイトで状況を確認しておくと安心です。

自動車リサイクルシステム

車検の期限

車検は切れていませんか?「どうせ廃車にするから」とのんびりしていると、落とし穴にはまります!

車検の切れた自動車は、公道を走れません。独立した運転はおろか、牽引されたとしても公道を走れませんので、積載車に積む必要があり、余計に費用がかかってしまいます。

普通自動車の永久抹消登録にかかる費用

廃車にあたっては、「自分で廃車の手配をする場合」と「廃車業者に任せる場合」の大きく分けて2つの方法があります。 それぞれの場合の廃車にかかる費用の目安を見てみましょう。

自分で手続きする場合

運輸支局での手続き代行を行政書士や専門業者に依頼する場合、運輸支局に近い業者ほど料金が安くなる傾向があります。

解体業者(引き取り) ¥10,000 前後
※距離や業者に応じて異なる
解体費用 ¥10,000 前後
※鉄スクラップ代金がもらえる場合もあり
行政書士
※運輸支局での手続きを依頼する場合
¥10,000 前後
※依頼先により異なる
永久抹消登録申請書の費用 ¥100 前後
※地域により異なる
その他(運輸支局までの交通費等) ¥10,000 前後
※地域により異なる

廃車業者に任せる場合

  • 基本的に全て無料
  • 鉄スクラップ代金、自動車重量税等の還付金が戻ってくる

廃車業者が、廃車した場合は「自動車重量税」が還付され、中古車として再利用した場合は「リサイクル料金」が還付されます。 自動車重量税とリサイクル料金の両方が戻ることはありません。

「自動車税」と「自動車重量税」は別のものです。普通自動車の場合は、どちらも支払っています。 「自動車重量税」とは別に「自動車税」も還付されますので、お忘れなく!

おわりに

自分で手続きする場合は、解体業者の選定によって鉄スクラップ代金が入るため、その他費用を相殺できる可能性があります。コストを抑えたいならば、解体業者選びが重要ですね。

廃車業者にお任せした場合、基本的にお任せできて、お金が戻ってくるのを待つばかり…!お得&手間いらずですね!

 

「廃車買取の達人」では一度に複数の廃車業者に査定依頼ができます。簡単に買取金額が比較できるので、ぜひ活用してみてくださいね!