廃車すると還付金が入る!?
普通自動車の廃車した場合、お金が戻ってくる可能性があるんです!

還付金が入る可能性があるもの

自動車税(自動車保有税)

自動車税とは、地方税の一種で車検を受ける受けないに関わらず、自動車の所有者に納税義務が課せられます。
毎年4月1日時点での自動車所有者が課税対象者となり、5月上旬に自動車税事務局から請求が届きます。
※支払期限は、都道府県により異なることがあります。
自動車税は1年分まとめて支払うため、年度の途中で廃車手続きを行った場合、過払い分が還付されます。
ただし、月単位で計算するため、3月に廃車手続きを行うと還付を受けることはできません。
詳細は自動車税の還付をご覧ください。

自動車重量税

自動車重量税とは、国税の一種で車検時や新規登録の際に、自動車の重量等に応じて支払う税金です。
徴収金額の3/4は国の一般財源、残りの1/4は市町村の道路整備財源に使われています。
自動車重量税は、主に車検時に2~3年分まとめて支払うため、次の車検前に廃車手続きを行った場合、過払い分が還付されます。 つまり、車検が切れるまでの残存期間分の金額が戻ってくるのです。
詳細は重量税の還付をご覧ください。

自賠責保険

自賠責保険とは、正式には自動車損害賠償責任保険といって、法律により、 自動車、バイク、原付を使用する際に加入が義務づけられている損害保険です。
廃車手続きを行うと、保険期間に応じて解約返戻金が支払われます。
ご契約の保険会社で手続きをします。
詳細は自賠責保険をご覧ください。

自動車保険(任意保険)

自動車保険とは、法律で義務づけられている保険ではなく、任意で加入している保険のため、廃車手続きとは直接関係ありませんが、 解約手続きを行うことで、保険期間に応じて解約返戻金が支払われます。

ご契約の保険会社で手続きをします。
詳細は任意保険をご覧ください。

リサイクル料金

リサイクル料金とは、自動車メーカーや輸入業者が引き取ってリサイクルする物品(シュレッダーダスト・エアバッグ類・フロン類)の処理に必要な費用と、 自動車リサイクルシステムを運用するための費用(情報管理料金・資金管理料金)を負担するものです。
新車購入時にリサイクル料金の預託の有無を運輸支局等で確認します。
また、中古車を購入する場合は、車両部分の価値金額に加えてリサイクル料金相当額を支払う必要があります。
リサイクル料金が預託されている自動車を輸出した場合は、リサイクル料金の還付を受けることができます。

重量税とリサイクル料金の両方が還付されることはありません。

自動車の廃車手続きを行った場合で、なおかつ車検が1ヶ月以上残っている場合は重量税が、 自動車を中古車として輸出し、海外で再利用する場合はリサイクル料金が戻ってきます。
詳細はリサイクル料金をご覧ください。

 

 

廃車にしたタイミングなどによって、意外と還付金が戻ってくることもあります。
税金や保険によっては、自分で申請しないといけないものもありますので、契約書や手続きなどはよく確認しておきたいものですね。

また廃車買取業者さんによっては、還付金を買取金額に含めて提示する業者さんがありますので、査定金額を出してもらったときは内訳も確認することがおすすめですよ。
ぜひお得に廃車しましょう。