「もし交通事故に遭ったら?」というのは、誰しも考えたくないことでしょう。しかし、自動車を運転する以上、交通事故は無関係ではありません。

事故に遭ったときの対処法

交通事故の直後にすべきこと

事故は、予想もしていないときにこそ起こるものです。
当事者に近い人ほど動揺してしまい、冷静な判断ができなくなることが多いので、事故に遭ったときは、まず落ち着くことが大切です。
そのうえで、次のような流れで対処していきましょう。

  1. 自動車を停止させます。
  2. 負傷者がいた場合は救護します。必要があれば救急車を呼びます。
  3. 自動車を脇に寄せたり、障害物をどかせたり、発煙筒をたいたり、走行中の他の自動車の迷惑にならないようにします。
  4. 当事者同士の身元確認を行ないます。
  5. 目撃者がいた場合、今後のことを考えて連絡先等を確認します。
  6. 警察へ報告します。
  7. 保険会社に連絡します。
  8. 自動車の破損状況等を写真に撮ります。

交通事故に関するポイント

  • 自動車を脇に寄せ、障害物を出来る限り除去した後は、二次被害が出ないよう、安全な場所に移動してから、話し合いや警察への報告を行ないましょう。
  • 事故に巻き込まれた場合、加害者側から「警察に通報しないでください」と頼まれるケースがあるようです。
    しかし、後々トラブルに発展しても、証人がいない状態となり、泣き寝入りしなければならないこともあります。きちんと警察に報告しましょう。

 

 

思わぬ事故に遭ってしまったとき、意外とどうしたらいいのか分からない場合が多いものです。
被害を増やさないためにも、落ち着いて行動したいものですね。

「廃車買取の達人」に参加している廃車業者の中には、事故車でも買い取ってくれる業者がたくさん。気になる方は、ぜひ査定依頼してみてくださいね。